狸頭

2017/04/18   -二ッ岩マミゾウ, 東方

 世評風聞というものは面白うてな。儂が命蓮寺の連中から阻害されておるという噂が立っておったのよ。いやはや、面白いことを言う。まあ、尼公からは一線を引かれておろうがのう。交誼ということであれば、さほどに …

乳の衝動

2017/04/03   -東方, 蓬莱山輝夜

「おっぱい揉みてぇ!」  私は高らかに宣言した。 「よって、早急におっぱいを差し出せ」 「自分のを揉めばいいじゃない……」  永琳め、なんということを言うのだ。自分のおっぱいで我慢できないから宣言した …

食う

2017/04/03   -ナズーリン, 東方

 だから、私は小町に言ってやることにした。 「ここにあるのはガラクタかね? それとも、かつて宝だったものかね?」  どうだろうかねぇ、と小野塚小町。上背のある彼女と対比したならば、まるで大人と子どもに …

死は夢幻の彼方

2017/03/30   -東方, 蓬莱山輝夜

 牛車に揺られて、からからら。  とろりとろとろ眠くなってはきたものの、さて、眠ったものかどうかを考える。  さしたる話ではない。ただ眠るかどうかというだけの話。  しかし、寝てしまったら寝てしまった …

ブーメランコリー

 かつて、外の世界で一瞬だけ一世を風靡した流派があった!  その名は……風雲拳!  そして、まったくもって偶然なことに、とある幻想少女がその流派の後継者となった!  彼女の名はメディスン・メランコリー …

おかしな忠臣

 良い夜だった。  こういう夜は昔を思い出す。私が、いや、私たち吸血鬼が夜の王として全世界を支配していたあのころを。 「ねえ、咲夜」  私は忠実なる下僕を呼んだ。  だが、返事がない。私の傍に控えてい …

触手

 ついに完成した。  あとはその威力を試すだけだが、誰を被験体にしたものだろうか?  もちろん、私自身がそうなることを望まない。これはあまりにも強力で、とてもとても自分の身で受ける気にはならないからだ …

立て札に水

2017/03/26   -東方, 鍵山雛

 私が水をやっていると、にとりの奴がやってきた。 「やあ、えんがちょ」 「えんがちょ言うな」  こういう物言いが許せるのは、それなりの付き合いがあるからである。縁もゆかりもない奴に言われたら、思い切り …

惑星にて

2017/03/24   -東方, 風見幽香

 幻想郷にはバーがある。人里にある居酒屋などとは違う、西洋から流れてきたような異国風の酒場だ。  だが、これは人間の里の中にはない。人間たちには及びもつかぬ場所で、ひっそりと営業している。  今、私は …

2017/07/26

うつくしいひと

2017/07/25

覇者の時代

2017/07/24

消えゆくもの

2017/07/23

暴君

2017/07/17

発火点

 2017年博麗神社例大祭では2種類の新刊が出ます。
 どうぞよろしくお願い致します。