闇市

2017/06/23   -東方, 魂魄妖夢

 幻想郷には色々な市が立つ。人里の市場は言うに及ばず、河童が主催するバザーなんてものまである。  しかし、いわゆる暗部に存在する「闇市」までは、その知見が及ばぬ者も多いだろう。ここでは人間も妖怪も等し …

信念明けまして

2017/06/22   -東方, 魂魄妖夢

「新年明けまして!」 「おめでとうございます!」  年明けの白玉楼に、威勢の良い声が響く。あまり知られていないが、白玉楼は結構な武闘派の組織である。幽々子様が各地からスカウトしてきた(つまり勝手に連れ …

災末大売り出し

2017/06/21   -東方, 魂魄妖夢

 武人が武の境涯に達すると、生きながらにして死人になるという。  私にはそれがどういう気分なのかよくわからない。なぜなら、初めから死んでいるようなものだからだ。  魂魄妖夢。この名を背負った日から、私 …

銀星軍

2017/06/20   -射命丸文, 東方

 銀星軍と呼ばれる存在について、射命丸文は良く思ってはいなかった。彼女たちは確かに優れた存在である。胸に輝く銀色の星の記章は、天狗の中でもエリートとして誉れ高いと主張するにふさわしいかもしれない。   …

がらんどうの夢

2017/06/19   -宇佐見菫子, 東方

 私は眠りとともに幻想郷にやってくる。「行く」というより「帰る」という認識の方が正しいわね。あっちの世界が本当にいるべき場所って気がするもの。そういう意味では、現実って呼ぶべきこっちの世界はちょっとし …

緊急回避

2017/06/19   -博麗霊夢, 東方

 私が人里で買い物を済ませた時、小鈴ちゃんが道を歩いてくるのが見えた。昼間に外で会うなんて珍しいことだと思って声をかけようとすると、小鈴ちゃんは私の姿を認めて、それから回れ右して走り出してしまった。 …

邪鬼狩り

2017/06/18   -東方, 鬼人正邪

 突然に現れた大妖精に、鬼人正邪は面食らった様子だった。 「なんだぁ?」 「お尋ね者の天邪鬼!」  さながら大講堂の名物教授がするように、大妖精が正邪を指差す。それとも、悪を断罪する裁判官か。少なくと …

散々

2017/05/11   -東方, 赤蛮奇

 何もかもが上手くいく日もあれば、何をやっても上手くいかない日というのはあるものだ。今日の私がまさにそれで、やることなすこと悪い目が出る。こんな日はさっさと帰って休んでしまいたいのに、そんな時に限って …

狂雲・天

2017/04/28   -東方, 比那名居天子

 私は完全に正常である。  これは天界のみならず、すべての世界に一致した基本的見解であり、どのような奸策、密謀、佞言によっても突き動かされるのことのない絶対的な真理である。疑うのならば、今すぐに是非曲 …

狂雲・衣

2017/04/28   -東方, 永江衣玖

 その日、私は見た。天を無数の艦隊が埋め尽くし、地上に数多いる穢れた魂を「浄化」していく様を。  いや、これは現実のものではない。過去でもなければ未来でもない。純然たる可能性の世界だ。  抹殺の世界。 …

2017/07/26

うつくしいひと

2017/07/25

覇者の時代

2017/07/24

消えゆくもの

2017/07/23

暴君

2017/07/17

発火点

 2017年博麗神社例大祭では2種類の新刊が出ます。
 どうぞよろしくお願い致します。